v1.3.0以降では記事データファイルを自動生成していますので、サーバーがセーフモードな場合エラーが発生します。
対応方法を以下に書きますのでご参考ください。
FTPアップロード及びパーミッション設定後に以下のディレクトリとファイルをFTP転送しパーミッション変更をする。
2004年度の記事を書く場合 /log ディレクトリ以下に
・/2004/ <- 777
・/2004/log200401.dat <- 666(606)
・/2004/cmt200401.dat <- 666(606)
・/2004/trk200401.dat <- 666(606)



・/2004/log200412.dat <- 666(606)
・/2004/cmt200412.dat <- 666(606)
・/2004/trk200412.dat <- 666(606)
※logxxxxxx.dat、cmtxxxxxx.dat、trkxxxxxx.datは投稿したい月のファイルだけFTPアップロードしても問題はありません。

追記:v1.8.0以降より月ファイルの作成は不要になりました。


[ FAQ詳細::Blogn | 2004年07月26日 PM 11時44分 ]
テキストデータの限界点をチェックしてみました。
チェックデータ内容
・ログ本文は1,000byte(500文字)×1年間(365回)
・コメントは300byte(150文字)×10投稿×1年間(365回)
・トラックバックは300byte(150文字)×10投稿×1年間(365回)
・ログ表示数5件、新着情報等表示数5件

実験結果
・初期表示:
1回目 2.131673秒
2回目 2.187762秒
3回目 2.239379秒
4回目 2.130844秒
5回目 2.456125秒
・月別表示:
1回目 2.161443秒
2回目 2.155488秒
3回目 2.126499秒
4回目 2.119164秒
5回目 2.128653秒
・新着表示
1回目 1.766833秒
2回目 1.997135秒
3回目 1.737582秒
4回目 1.700515秒
5回目 1.696847秒

サーバーによっても変わると思いますが、1年が限度ですかね。
ログの分割も考えた方がよさそうですね〜


[ FAQ詳細::Blogn | 2004年07月13日 PM 01時40分 ]
←BACK TOP↑ NEXT→